BLOG

  1. HOME
  2. BLOG
  3. phpScheduleItで終日の予約で運用する方法

phpScheduleItで終日の予約で運用する方法2016/03/01

phpScheduleIt(Booked)では、30分ごとの予約が初期設定ですが、1日1件の予約、終日の予約、という運用も当然にありえると思います。
設定で疑似的にこれを実現してみましょう。

管理者でログインし「管理」メニューから「スケジュール管理」を選択します。
終日単位で予約するスケジュールの「時間枠の変更」を選択します。

下図の設定画面が表示されます。

時間枠の変更

「予約可能な時間枠」に「00:00 – 00:00 10時」と入力すると、24時間1枠のスケジュールになります。「10時」という部分はラベルなので、任意の文字列に変更可能です。今回の例では疑似的に10時から利用可能です、というように見てほしかったので10時と入力していますが、例えば、「終日」と入力するなどの表示も可能です。

実際の画面表示は下図のようになります。

予約状況

注意点はリソースカレンダーの画面からの予約作成時に終了日時が当日になっていて入力チェックでエラーになってしまい、終了日時を手動で翌日設定する必要があることです。ここは設定では回避できないようです。

予約の作成

いかがでしたでしょうか。スケジュールの時間枠の活用方法でした。